「しまで生き抜く」を支える活動
島だから、に甘えない ふくふくの会

NPO法人ふくふくの会(愛媛県越智郡上島町)は、瀬戸内海・弓削島にある。

小規模多機能型居宅介護とサービス付き高齢者向け住宅を運営し、島で生まれ育った人たちの「しまで生き抜く」を支えている。

竹林健二理事長のもとを訪ねた。

きっかけ 島で最期まで暮らしたい

広島県尾道市の因島・家老渡港から渡船に乗ってわずか5分。
上弓削港から650mほど海沿いの道を進んでいくと、神社が隣接した自然豊かな場所に小規模多機能居宅介護と本社事業所がある。
築50年、かつては保育所だったという木造建物だ。

「もともと役場の職員で福祉に携わっていました。祖母と二人暮らしをしていた頃、祖母が『この島で死にたい』と言っていたことが印象的で、病院や島外の老人ホームでもなく、弓削島で最期まで暮らせる場所があればと思っていました」

今や瀬戸内海の島々は橋でつながっており、車や自転車でも簡単に移動できるが、かつては島の外へ出るには船に乗らなければならなかった。

弓削島に隣接する因島にも老人ホームもあるが、弓削島は愛媛県。
“県外”なのだ。

島の外で暮らすこと、ましてや県外で暮らすことは、弓削島で生まれ育った人にとっては心理的ダメージも大きいものがあるのではないかと竹林理事長は説く。

1999年、ボランティアでの会食サービスが「ふくふくの会」の始まりだ。

「その後、介護保険を活用してデイサービスも始めました。

当時は民宿だった民家を借りていて、宿泊サービスも行っていました。
写真館を営業していた父は島の人たちから信頼されていました。
その息子である僕のことを“けんちゃん、けんちゃん”と呼んでくれ、利用者も増えていったのです」

島の外で仕事をしていることも多い利用者の家族は、朝は早く夜は遅い。
「船に乗り遅れた」という家族からの連絡も少なくなかった。

そんなときは竹林理事長が利用者の自宅に泊まったり、デイサービスに宿泊してもらったり、宅老所のようだったという。

その後、しまなみ海道の発展、経済事情などに伴い、島の人口は減少。
竹林理事長は、市町村合併で廃園が決まっていたという保育所を賃貸契約することにした。

かつての雰囲気を残す建物

「NPO団体を通した融資をタイミングよく受けられることが決まったのです。雨漏りもひどく取壊しが前提だったのですが、最低限の改修を行って建物の雰囲気をそのまま残すことができました」

小学校や中学校など、島にあった教育施設でかつての形状を保っている建物はこの保育所を除いて今はもうない。

「給食スタッフで働いていたという人、保育所の運動会が隣の神社で行われていたこともあり、保育園にはよく来ていたという利用者もいます。
島育ちの人たちには思い出深いのがこの場所なのですね」

思い出が詰まっているこの建物を残したいという思いも“賃貸契約”を後押しした。

地域に開いた運営、質の高いケア

ふくふくの会のサイトはデザイン性があり、ブログやFacebookの更新は頻繁。
広報もふくふくの会のサイトから見ることができ、クオリティが高い。

広報「ふくふく29」や「言霊集」

それらを見れば、地域に開いた運営、質の高いケアをしていることが自ずとわかる。
どんな考えがあるのだろうか。

みんなに、幸せになってもらいたい

「せっかくこの仕事をするのだから、職員に幸せになってもらいたいのです。
甘やかすのではなく、また、『島だから』『田舎だから』ではなく、常にアンテナを張って、より質を上げていくことに働くことの幸せがあるのではないかと考えているのです」

竹林理事長は続いてこう語る。

竹林理事長

「介護施設は最後の砦と思われがち。ニッチの隙間を埋めていく私たちの仕事です。
病院や一般的な老人ホームでは受け入れられない人も利用します。
ともすれば内向きになりがちなのが介護の仕事。
狭まれた視野ではなく、地域へ目を向けてほしい。社会とは思うより広く、良いこと、悪いことも含めて混とんとしたものだと思うのです。

多くの人が認知症にはなりたくない、老人ホームなどには入りたくないと思っている。
介護事業所として、介護予防に関する活動、認知症になっても暮らしていけるまちづくり、まちおこしなど、できることがあるのではないかと思うのです」

くもんの学習療法、認知症予防の運動プログラム「コグニサイズ」を導入している。学習療法では全国大会にも出場した。

コグニサイズでは研修参加のためにスタッフが1名愛知県に行っていると聞いた。

「良いと思うことには真面目に取り組んでいます。それがまた面白く感じられるのですよ」

SNSの投稿を積極的に行っているのは女性スタッフだという。

彼女はこの日不在だったが、「知ってもらいたいという思いもあると思いますが、他の職員も見ていますし、遠くにいる家族が楽しみにしていることもある。発信すれば反応があるんですよね」と竹林理事長はその理由を教えてくれた。

尊い「言葉」をひろい、集める

ふくふくの会では、利用者の発する言葉にも注目している。

「言葉ひろい」と称し、2012年には法人で『ふく霊 言霊 しまで生き抜く、小さなつぶやき』というタイトルの記録集を出版している。

魅力的な言霊、魅力的な写真にあふれるとても素敵な記録集だ。

広報『ふくふく29』も毎月発行。『今月のふく霊言霊』、利用者への質問やスタッフのお気に入りの場所、エッセイなど、読み応えがある。

「介護予防と一緒。介護、福祉を身近に感じてもらいたい。“ボケたくない。あんなところ(老人ホーム)に行ってはおしまい”などと言う人もいるのが事実。

でも、そこで一生懸命働いている人たちもいるんですよね。
そんな風に思ってもらいたくはない。

介護や介護施設への心理的抵抗をなくし、介護施設を当たり前の場所に感じてもらいたい。
法人理念でもありますが、島で生きようと思える地域社会にしたいのです」

記録集や広報を出す理由には、竹林理事長のこんな思いがあった。

法人内でLINEを活用 研修にも進んで参加

2014年には、本部から離れた場所にあるサービス付き高齢者向け住宅「潮騒」の運営を受託することになり、事業所が二つに増えることになった。

それまでも法人向けのSNSを活用して職員同士、情報共有をしていたというが、今年1月からはLINEを導入。
日々の活動報告や映像を通し、情報共有に役立っているという。

月に1度の法人研修では、担当になったスタッフが、「食事介助」「排泄」など与えられたテーマに沿った発表を行うという。

また、新規利用者の情報共有、業務見直しなどを行う月例ミーティングもある。

「資格を取りに行きたい、こんな研修に参加したいなど、自己研鑽に励むスタッフもいますが、費用は法人負担で支援します。
若いスタッフには積極的に学んでもらいたい、シニアスタッフには働きがいを感じてもらいたい。入
浴介助、排泄介助といった身体ケアはもちろん、認知症がある高齢者とコミュニケーションを図る能力など、有能でなければできないのが介護の仕事。

彼らはとても貴重な存在なんですよね」

だからこそ、地域でもっと活躍してもらいたい。
年を重ねて退職しても、活躍できる仕組みを作りたい。

法人、事業所の都合ではなく、お互いの能力を活かし、活かされる。幸せになれる環境、関係を築くことができればいい。

そんな風に考え、着地点を探しているという。

車椅子でも船に乗る。外に出る。みんなが楽しむ。

利用者に島出身者が多いのは当たり前。
取材をしていた日の10時半、建物内に「般若心経」が響きわたった。

「みなさん般若心境を覚えていて、唱えるのが習慣づいている方が多いのです」

日常では神社への散歩が多いという。

「車椅子に乗っている人というのはどうしても世界が狭くなりがちです。
少しでも広い世界をと、船を借り、島クルージングをしたり、バスで外出したりします。

陽にあたる、風にあたる、植物に触るといったことこそ、『生きている感覚』だと思うのですよね。そこを大切にしたい」

美しい海がすぐそばに

照明は、朝は白っぽいもの、夕方はオレンジ色のあたたかみが感じられるものに明るさや色味を調整している。

5年ほど前からはアロマディフューザーを取り入れているそうで、朝、夕方で異なる香りを放つ機器が置かれている。

「これらは生活リズムを整えるという目的ですが、学習療法、コグニサイズでも、エビデンスを求めたい。

勘や経験に頼るのではなく、エビデンスがあるケアをすることで、自分の仕事に誇りが持てる。
それが幸せにつながるのではないか。

オムツパッドにしても、なぜそのパッドを使うのか、そこをきちんと考えると面白いのです。

プロの介護スタッフとしての視点にもつながります。
ミーティングなどでエビデンスを考えたり、共有したりしますが、それが当たり前になれば良いと思います」

看取りについても、その行為が特段なものになるのではなく、“結果、看取りになった”というのがベストだと思うと話す竹林理事長。

「そうなってからできることなんてないんですよね。普段からできていないと意味がない」

これには、あるエピソードがある。

「悪態をつく女性利用者がいて、みんな『いじわるばあさん』『くそばばあ』などと思っていたわけです。ただ、いよいよ死期が近づいてきて、スタッフがみな彼女に対して優しくなったんですね。
利用者は『どうせ死ぬんじゃろ』とおっしゃった。

そのとき、ハッとしたんです。何かのはずみで急に亡くなるのが高齢者。
であれば、『今』を大切にしよう。普段通りのことを、きっちりやろうと」

地域に向けたおまつりやイベントも法人として行ってきた。

しかし、果たして利用者が楽しめているのか。
誰のために何のためにするのかを考え直したという。

そこで、スタッフも一緒に楽しめる、内向けのイベントを開催。
「春のみやごもり」や「秋のふくまめ祭」がそれにあたる。

「自分たちが歌ったり、利用者と一緒に笑ったりする、楽しい行事です」

インタビューをいよいよ終えて、事業所内を少し見学させてもらった。

保育所の特徴を活かした「職員室」などの場所を示す掲示板がある。懐かしさを思わせる電話などの小道具が置かれている。

「リアル回想法です」

庭では鶏なども飼育。犬や猫、カメもいる。畑もある。
建物をぐるっと回った先には、露天風呂も設置されている。
ちょうど利用者がお昼を食べるところだった。

「お邪魔しています」と私が挨拶すると「けんちゃんがお世話になっていますねぇ!」と涙ぐみながら微笑んで、手をギュッと握ってくれた女性利用者。

“けんちゃん”。

それは、竹林理事長が愛されている証拠だった。

まとめ

インタビューの途中、何度も聞かれたのが「幸せになってもらいたい」という言葉。

利用者だけでなく、スタッフもみんな。みんなに幸せになってもらいたい。
その純粋な気持ちが、心地よい空間や環境、質の高いケア、質の高いスタッフを生み出しているのだろう。

 

ふくふくの会の詳細はシニアの暮らし応援ポータルサイト「楽々くらサポ®︎」サイト内事業者ページをご確認ください。

向田 奈保

1983年生まれ ライター。武蔵大学社会学部卒。埼玉県出身、現在は香川にて、介護職の夫と3歳の娘と暮らす。 高齢者住宅新聞フリー記者として、介護・福祉・医療分野を長く取材。 地域社会、コミュニティ、多世代、ごちゃまぜ、建築、シェアハウス、まちづくり、オーガニック、食といったキーワードに飛びつき、介護・福祉・医療とはコミュニティであり、まちづくりという観点を持ちながら、フットワーク軽く取材をこなす。 時々、高校野球をテーマに原稿も執筆。

向田 奈保の最新記事

人気のコラム