【謙虚】と【謙遜】の違いについて

「○○さんて素敵ですね」と言われた時
「いやいや、自分なんか、とんでもありません」と言ってしまう事はないでしょうか?
自分では【謙虚】のつもりだったかもしれませんが、実はこの表現は【謙遜】だということをご存知でしたか?

この似ているようで全然違う2つの表現について、少しひも解いてみたいと思います。

謙遜とは跳ね返すこと

「可愛いね」「カッコいいね」と褒められて「いやいや、とんでもないです」というやりとりをよく目撃します。

控え目のつもりで言ったのかもしれませんが、言われた相手は意外に不快に感じる場合があります。
なぜなら「可愛いや」「カッコいい」などは発信する側が感じた感性の言葉です。

したがって「いやいや」と言われると自分が感じたことを否定されたという体験をしてしまうのです。

言われた側としては照れくささや謙虚な気持を表現した対応だったとしても、知らず知らずに相手の心を閉ざしてしまっている危険性があります。

この対応は謙遜です。

謙遜とは自分の能力や価値などを下げて評価する行為です。
相手の想いを受け取りませんという表現になってしますので、これではコミュニケーションは上手くいかない可能性があります。

コミュニケーションは伝える側と、受け取る側の2人の共同作業だと思います。

では受け取る為には何が必要なのでしょうか?

それは「謙虚」です。

謙虚とはそのまま受け取ること

では謙虚さを伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。

先ほどと同じく「可愛いね」「カッコいいね」と言われたら、まず「ありがとうございます。」という感謝の気持ちをつたえましょう。

さらに「嬉しいです。その言葉を励みにこれからも可愛く(カッコよく)いられるように、ますます精進してまいります。」とここまで言えるとベストです。

大切なのは、自分が感じたことを素直に伝えてくれたことに対する、感謝の気持ちを表すことです。

感謝の気持を表すことで、相手を肯定することにもなります。そうすればお互いに心地よさを感じられるのではないかと思います。

そのままを受け入れることのできる器(承認)、素直さがとても重要です。

人が自分に対してメッセージを送ってくれるということは、当たり前のことではありません。特別なことなのです。

自分が暖かく穏やかで優しい人間関係を求めるならば、相手が伝えてくれた時は感謝の想いを込めて「ありがとう」を伝えるように心がけましょう。

自分が伝える側だったときは?

自分が伝える側で相手に謙遜で返されてしまう時もあると思います。

では、そんな時はどうしたらよいのでしょうか。

例えば「可愛いね」と伝えたとしましょう。

そうしたら、少し掘り下げて自分がどういったところが可愛いと感じたのかを伝えてみてください。
「あなたが可愛い」といったように決めつけている様に感じてしまって、なかなか受け取れない場合があるからです。

ですから、あくまでも「私がそう感じました。」と言い方を変えてみると受け取りやすくなると思います。

前回のテーマの怒りにもつながりますが、「なに怒ってるの?」と聞くと「怒ってない!」と返って来る事が多いです。

これも「あなたは怒っている」という決めつけを感じさせてしまいますので、理解してもらえない寂しさや悲しさから相手は反発します。

そこで「怒ってるように私には見えるけど、何かあった?」と聞くと、全く違った反応が返ってくると思います。

ちょっとしたことなのですが、コミュニケーションにおいてはこの《ちょっとしたこと》がとても重要なポイントになってきます。

 

まとめ

【謙虚】さとはそのままのを受け取ることで、【謙遜】とは相手の好意さえも跳ね返してしまう可能性がある行為です。

 

コミュニケーションとは伝える側と受け取る側の2人の共同作業です。

 

◆良好な人間関係を求めるなら、まず自ら素直に感謝の気持ちを込めて、目の前の人に「ありがとう」を伝えましょう。

邉見 由佳理

ヒアリング美容師yukari 株式会社HARU BeautyHouseHARU店長。 2011年4月に株式会社HARUに入社し、2013年8月スタイリストデビュー。同時にヘア&メイクとしてもデビューし、企業広告、プロフィール撮影、映像、雑誌などの活動をしている。 2017年の2月にNPO法人日本福祉理美容協会より福祉理美容士を取得。 2017年6月よりトータルビューティサロンBeautyHouseHARUの店長に就任。 人が持つ本来の魅力を追求しヒアリングすることを大事にしている。また一般財団法人自己承認コンサルタント協会の自己承認力マスター講座を修了し修了生として認定される。
ホームページ:https://bh-haru.com/

邉見 由佳理の最新記事