正直と素直さを知って心を豊かに

正直と素直の違いについて考えた事はありますでしょうか?

一見似ているようなこの言葉。以前に謙遜と謙虚について触れましたが、今回もそれに近いように思います。(なんのこと?という方は過去の記事をご覧ください)

似ているようでここが違う!シリーズですね(笑)

今回はヒアリング美容師のyukariの視点から見た正直さと素直さについてお伝えしたいと思います。

正直とは

幼いころ正直に言いなさいとか怒られた経験はないでしょうか?遊んでいて家の和室にあった障子を破いてしまったことがあります。しかも張り替えたばかりなのでとても怒られました。

最初に親に報告するときに、怖かったので破れていたなんて嘘をつきました。
張り替えたばかりですから、そんなわけないですよね。

本題に戻りますと、正直とは事実に基づいて嘘偽りなくありのまま伝えることです。人と関わる中で、とても大事なことですよね。

では、もう一つの素直さとは何でしょうか?

素直さとは

素直でいることは周りの人たちの気分もよくしてしまうほどの力があります。

なぜなら、素直さの奥には相手を想う思いやりが隠れているからです。

例えば、家族との食事中に「そこにある醤油取って」と言った時、「自分でとれば」とか「はいはい」なんて嫌そうに渡されたら頼んだ方も良い気分はしないですよね。
では同じシチュエーションで渡すときに「はい、どうぞ」と笑顔て渡されたらどうでしょうか?家族といえども嬉しい気持ちになりますよね。

大切なのは目の前の相手とどんな関係性を育んでいきたいかということだと思います。
相手と良好な関係性を築いていくことを求めたなら、素直にその気持ちに合った行動や言葉を選べば良いということです。
とてもシンプルですよね。

しかし、なかなか難しいのが現実です。
難しいと感じる原因のひとつとしては自分が相手とどんな関係性を創っていきたいかを自分自身が理解しているかどうか、自分に問いかけたことがあるかどうかだと思います。
さらに問いかけて自分で決めたかどうかが重要です。
このプロセスをしっかりされている方に迷いはありません。
相手といろんな体験を共有し、体験していく中で、コミュニケーションを取って自分が望んでいる関係性を共に育んでいくことができるのです。

素直さチャージ

素直でいると自分も周りもとても豊かさを感じることができます。

最後にヒアリング美容師yukari式の素直さレッスンをご紹介します。

・相手との作っていきたい関係性を明確にしてイメージする

しかし相手も自分の思い描いた関係性を望むかはどうか本人次第なので、自分の気持ちを押し付けないように気をつけてコミュニケーションしていきましょう。

・原点に立ち返る

忙しい時ほど人から頼まれたりすると「今ですか!?」とか「俺(私)じゃなくてもよくない!?」なんてイライラすることはありませんか?
私もよくあります(笑)そんな時は思い出してください。
まだ新人で一生懸命に仕事を覚えているときに早く周りの役に立てるようになりたいなんて思ったことはありませんか?
そして、そのときに「これ宜しくね」と頼まれたことが些細なことであってもとても嬉しく感じた出来事があるのではないでしょうか?

そのころのシンプルに人から必要とされる喜びを思い出して、頼まれたら快く「はい」と返事しましょう。

なかなか結果が出なくても自分なら上手く出来る可能性を信じて意識し続けましょう。
これは誰でもいつでもできるものです。

自分も周りもこころの豊かさを感じられるようにちょっとだけ意識を向けてみるというのも楽しい人生を送る1つの選択だと私は思います。

まとめ

◆正直とは事実に基づいた出来事について嘘偽りなくありのまま伝えるということでありその根源は正しさからくる

 

◆素直さとは相手を思いやり出来事から自分が感じたことを伝えるということでありその根源は愛からくる

 

◆素直さとは心の豊かさのことである

邉見 由佳理

ヒアリング美容師yukari 株式会社HARU BeautyHouseHARU店長。 2011年4月に株式会社HARUに入社し、2013年8月スタイリストデビュー。同時にヘア&メイクとしてもデビューし、企業広告、プロフィール撮影、映像、雑誌などの活動をしている。 2017年の2月にNPO法人日本福祉理美容協会より福祉理美容士を取得。 2017年6月よりトータルビューティサロンBeautyHouseHARUの店長に就任。 人が持つ本来の魅力を追求しヒアリングすることを大事にしている。また一般財団法人自己承認コンサルタント協会の自己承認力マスター講座を修了し修了生として認定される。
ホームページ:https://bh-haru.com/

邉見 由佳理の最新記事